2009年06月14日

在宅ワークの実態

在宅ワークは、副業的な意味合いがとても強いものだと思います。

副業で行っているのかまたは、生活のために行っているかでアンケート調査を行った結果、内職アルバイトで行っている人が一番多く、次に専業自営となっています。

他にも、派遣で働いている方々が合間に行うケースもあります。

アルバイトやパート勤務との兼業で行っている人、会社員勤務や自営業の副業で行っている人は意外に少ないという結果が出ています。

女性では主婦で、しかも子供がいる場合には内職アルバイト型が多く存在します。

男性に至っては、専業自営で行っている方が約80%弱もを占めています。

同じ在宅ワークというものの、女性の場合、男性の場合によって捉え方がまったく異なっていることがわかると思います。

パソコンの普及が益々増えてくる中でこのような働き方は主流になってくるかもしれません。

また、会社員でさえも自宅で仕事をすることが増えてくるのではないでしょうか。

そうなると垣根はさらになくなってくるでしょう。
posted by プレコ at 02:05| Comment(0) | アドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。